Piを名前で参照するavahi-daemon

$ ssh pi@raspi2.local

PiにリモートログインするのにIPアドレスを入力するのは面倒くさい。そこで、ホストネームで参照できるようにします。

 

MacOSに実装されているBonjour(ボンジュール)によってPiを見つけ出すことができるように、avahi-daemonをインストールします。

$ sudo apt-get install avahi-daemon

 

ちゃんとインストールされているか、次のコマンドで確認します。

$ chkconfig –list avahi-daemon

chkconfig --list avahi-daemon

chkconfig –list avahi-daemon

2,3,4,5のところがonになっているのでちゃんと動作しているのでしょう。私にはよく解らないけど。

 

一旦,”exit”コマンドでログアウトして再度ログインします。ただし、今度はIPアドレスではなくホストネームで接続します。

Piのホストネームは先のエントリーで設定した”raspi2″なので、次のコマンドでログインします。最後に”.local”を付けるのを忘れずに。

$ ssh pi@raspi2.local

$ ssh pi@raspi2.local

$ ssh pi@raspi2.local

ちなみに、最初の行に”mini”とあるのは、愛機2号の”Mac mini 2012″からログインしていて、ホストネームがminiだがら。なお1号はairです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください