スマートメーターを設置しました。

お家の電力量計がスマートメーターになりました。

スマートメーターとは

スマートメーターは、毎月の検針業務の自動化やHEMS※等を通じた電気使用状況の見える化を可能にする電力量計です。スマートメーターの導入により、電気料金メニューの多様化や社会全体の省エネ化への寄与、電力供給における将来的な設備投資の抑制等が期待されており、当社サービス区域全てのお客さまへの設置を予定しています。

Home Energy Management System(住宅用エネルギー管理システム)

(引用)東京電力エナジーパートナー

電気代は気になっても,メーターそのものに興味がある人なんか一握りでしょう。でも,スマートメーター???なんて言ってられません。東京電力エリアの話ではありますが,2020年までに全取っ替えです。スマートメーター化が急ピッチに進んでいます。

もしかしたら,あなたのお家もスマートメーターかも。

スマートメータープロジェクト
当社は、2020年度までにサービスエリア全てのお客さまに約2,700万台のスマートメーターを設置し、30分ごとの電力使用量(積算値)を30分ごとに送信・処理を行うという世界的に見てもチャレンジングなプロジェクトに取り組んでいます。プロジェクトはメーターの開発から通信システムや運用管理システムの構築とその安定運用まで含め大規模かつ多岐にわたります。現在は開発フェーズから運用フェーズに移行し、メーターの全数設置、スマートメーターシステムの安定運用等に取り組んでいます。

(引用)東京電力パワーグリッド

 

スマートメーターになるといいこと

スマートメーターになったときのイメージは次のとおり。
(引用)東京電力エナジーパートナー

img_smartmeter_02

いいことその1: 自動検針(Aルート)

一戸づつ訪問して行っていた検針が,通信機能により自動化されます。
しかも,データは30分毎に送信され,従来(月1回)と比べて,より細かく電力の使用状況を把握できます。なお,メーターと電力会社側との通信経路をAルートと呼びます。

東京電力のでんき家計簿では,時間別の電気使用量を確認できるようになり,より詳細な情報が得られます。

いいことその2: Bルートサービス

上の図の赤い矢印の部分です。メーターと宅内側の通信経路をBルートと呼び,様々な情報を提供するBルートサービスが利用できます。

電力メーター情報発信サービス(Bルートサービス)とは
スマートメーターで計測したデータを、お客さま宅内のHEMS機器へ送信するサービス※です。HEMS機器で、30分ごとの電気のご使用量や現在お使いの電流値等を把握することで、より効果的に省エネを行うことができます。
※データの送信には、費用はかかりません。
※HEMS機器などお客さま宅内の設備はお客さまにてご用意ください。
平成26年9月より、スマートメーターで計測したデータ(指示数等の情報)をお客さま宅内のHEMS※機器に向けて発信する「電力メーター情報発信サービス」について、対象を限定して試験実施しておりましたが、平成27年7月1日より、対象を拡大し、利用申し込み受付を開始します。
※Home Energy Management System(住宅用エネルギー管理システム)

(引用)東京電力エナジーパートナー

 

img_smartmeter_07

(引用)東京電力エナジーパートナー

 

HEMS(ヘムス)とは

Home Energy Management Systemの略で,スマートメーター,太陽光発電システム,エコキュート,照明,蓄電池,電気自動車や充電器,環境センサなどをネットワーク接続し,トータルで省エネを図るというのがHEMSです。ちなみに,政府は,2030年までに全家庭にHEMSを導入することを目標に掲げています。

スマートメーターからデータを取得して見える化端末に表示すれば,心理的な面から節電が図れるでしょう。また,人感センサーや照度センサーと連動して,人が居なかったり明るかったら自動的に消灯するなど,アクティブにエネルギー消費をコントロールすることが可能になります。

さて,図の中心にある「HEMS機器」ですが,他の装置との通信は,下位伝送メディアとして,家庭に広く普及しているEthernetやWi-fiは勿論のこと,耳慣れない通信規格であるWi-SUNG3-PLCが使われます。

スマートメーターのAルート及びBルート通信には,Wi-SUNが採用されました。これは,スピードは遅いけど(100kbps程度),省エネで遠くまでデータを送信することに主眼を置いた規格です。電波が建物の陰に回り込みやすく壁を通過しやすい920MHz帯を使います。AルートにもBルートにも適切な規格と言えるでしょう。なお,マンション等,居室とメーターの位置が離れていて,BルートにWi-SUNが使えないケースでは,電力線でデータ通信を行うG3-PLCが用いられます。

HEMS通信の上位層(アプリケーション)には,ECHONET Liteが使われます。HEMS対応の装置同士は,メーカーを問わない共通のプロトコルで結ばれ,相互接続性が担保されます。

 

いち早くスマートメーターを導入するには

通常,メーターの有効期間は10年です。それを10年を待たずして前倒しにスマートメーターへ切り換えようとしているのですから,まず,メーカーの生産能力が追いつきません。交換作業のための人員も足りません。よって,じっと待っていてもなかなか交換の順番が回ってきません。

そこで,いち早くスマートメーターを手に入れる方法を伝授します。

  1. 家を新築する
  2. 電力会社を切り換える
  3. HEMS機器等を準備する予定である

1が正攻法です。今から新築する住宅には間違いなくスマートメーターが取り付けられるでしょう。どうせ新築するならとHEMSを導入するのであれば,3との合わせ技で120%確実です。

2は電力自由化によるものです。他社に切り換えるためにはAルートによる自動検針が絶対ですので,確実にスマートメーターに変更されます。

家を建てたり電力会社を変更するのはちょっと…という人は3の方法が使えます。東京電力ではオンラインでBルートサービスを受け付けています。Bルートサービスを受ける住所と,Bルート認証IDの送付先が一致していれば,本人確認書類等は不要です。オンラインで必要情報を入力するだけで申し込みが完了します。私もこれでスマートメーターに交換してもらいました。

申し込みの際,次の画面が現れます。

スクリーンショット 2016-07-22 17.04.24 ここに”HEMS機器等を準備する予定である“といった確認があります。予定は予定。いつか導入するぞ!と心に念じれば,嘘偽り無くチェックを入れられます。

手続き,交換工事が順調に進めば,3週間程度でBルートが開通します。

 

やりたいことみつけた

全部のメーターがネットワークに繋がるって凄いことだと思いますが,Aルートの30分毎の自動検針によってでんき家計簿により細かい情報が掲載されようが,私の興味をそれほど刺激するものではありません。

Bルートサービスを使うと,瞬時電力,瞬時電流,現在の計量値等が取得できます。データ集計して,見える化端末に表示したって,結局でんき家計簿と変わりなく,これもまた私の興味を引くものではありません。電力の見える化自体にはそんなに興味があるわけではないのです。

じゃあ,何でスマートメーターに切り換えたかというと, ラズパイ+Wi-SUNで遊びたいから。

ラズパイ4個もっているのに何も仕事させていないし,純粋に無線に興味があってWi-SUNが恰好の標的だったこともあります。Wi-SUNモジュール自体,簡単に入手できますし。

Wi-SUN対応無線モジュール BP35A1 (ROHM)

image_gallery

というわけで,ラズパイ+Wi-SUNモジュールでHEMSコントローラ的なものを作るプロジェクトを開始します。

 

 

2 Comments

  1. Pingback: ラズパイ+Wi-SUNモジュールBP35A1で無線通信 その1 – Blue-black.ink

  2. Pingback: スマートメーターから瞬時電力を取得する その1 – Blue-black.ink

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください