AirPodsを入手しました。

12月13日深夜、Appleのオンラインスストアで突如予約販売が始まったAirPods。たまたまストアを覗いていて反射的にポチった私、販売初日の今日、入手しました。

 

1. 開封

外箱です。

 

蓋を開けます。

 

“Designed by Apple in California”と書いてあるスリープを外すと本体が現れました。このスリープには簡易取説などが収録されています。林檎シールは入っていません。

 

箱の中は二重になっていいて、下段にLightningケーブルが収納されています。

 

充電池兼ケースの蓋を開けるとAirPodsが現れました。
なお、蓋は磁石によってパチンと閉まります。高級感半端ない。

 

中身を取り出すとこんな感じ。
もののけ姫のアレっぽいです。

 

2. ペアリング

iPhone7とペアリングしました。
まず、iPhoneのロックを解除。次に、AirPodsを収めたケースの蓋を開けて、iPhoneに近づけるだけ!
5cm以内に近づけると、iPhone上に「接続」画面が現れます。「接続」をタップするだけでペアリング終了。
パスコードの入力とか一切ありません。もの凄く簡単です。

 

3. 雑感

蓋を開けてAirPodsを耳に差し込むだけでiPhoneとAirPodsが接続されます。なお、AirPodsから「ビロローン」と音が鳴るので、接続を耳で認識することが出来ます。接続後はiPhoneのサウンドがAirPodsから出力されます。簡単。

音楽の再生中…
片耳のAirPodsを外す→再生が一次停止。もう一度耳に差し込むと再開。
両耳のAirPodsを外す→再生停止。
再生・停止の物理的なボタンが無いにも関わらずコントロールできます。
しかしながら、ボリュームのコントロールは敷居が高く、AirPodsダブルタップでSiriを起動して「音量を小さくして」….。公共の場では恥ずかしいです。iPhone本体のボリュームを操作することになりそう。

耳からうどん。他人のイアフォンをそんなに気にします?
付けてみたけど、特に気にならなかった。

完全コードレスは心地良い。コードがこすれて生じる雑音から解放されます。
一方、脱落が心配。ただ、本体が軽いので跳んだりはねたりしただけでは抜け落ちる事は無さそうです。しかもケーブルが無いので引っかかりにくい。そんなに神経質になる必要が無いかも。

結論として買って良かった!!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください