Python向けのIDE: PyCharm

前回に続いて、MacでPython環境を整えます。今回はPython用のIDE、PyCharm

PyCharmダウンロードページ

Mac、Windows、Linux用があります。さらに、無償のCommunity版と有償のProfessional版があります。

 

MacにCommunity版をインストールし、起動しました。
“Create New Project”を選択して、新規プロジェクトを作成してみましょう。

“Location”にはプロジェクト用のディレクトリを設定します。
“Interpreter”にはPythonの実行環境を設定します。もともとMacにインストールされているPythonや、前回pyenvとpyenv-vertualenvでインストールした環境が選択可能です。プロジェクトに応じた環境を設定できます。

このプロジェクトには、前回作成した”tensorflow”を設定してみました。

 

PyChamのメイン画面です。

Cmd + N で表示されるウィンドウで”File”を選択します。続けて表示されるウィンドウに新規ファイル名”hello.py”を入力してファイルを作成しました。

Editor画面に、定番のHelloなんちゃらを入力。

メニューから、「Run」>「Run…」を選択し、「hello」を選択します。

実行結果が表示されました。
IDEらしく、エディタとコンソール出力が1画面にまとまっています。
ブレークポイントを設定したり、1行ごとステップ動作できたり、デバッグ機能も搭載されています。Pythonによる開発が捗ること間違いなし。

 

 

2 Comments

  1. Pingback: TensorFlow始めました。 – Blue-black.ink

  2. Pingback: MacBook Pro: 開発環境セットアップ – Blue-black.ink

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。