pyenv + pyenv-virtualenvでtensorflow環境を作ったはいいけど、TensorFlowのインストールを忘れていた。

pyenvとpyenv-virtualenvでMacのPythonの環境を整える。」にて、tensorflowという仮想環境を作りました。

が、肝心のTensorFlowをインストールしていなかったので、改めてインストールしてみます。

1. TensorFlowとは

TensorFlowとは、Googleがオープンソースとして公開している、ニューラルネットワークを用いた機械学習のためのライブラリです。ディープラーニング。

About TensorFlow

TensorFlow™ is an open source software library for numerical computation using data flow graphs. Nodes in the graph represent mathematical operations, while the graph edges represent the multidimensional data arrays (tensors) communicated between them. The flexible architecture allows you to deploy computation to one or more CPUs or GPUs in a desktop, server, or mobile device with a single API. TensorFlow was originally developed by researchers and engineers working on the Google Brain Team within Google’s Machine Intelligence research organization for the purposes of conducting machine learning and deep neural networks research, but the system is general enough to be applicable in a wide variety of other domains as well.

TensorFlow 公式より

 

2. pyenv + pyenv-virtualenvのおさらい

この前のエントリーの抜粋。

Python 3.6.0をベースに仮想環境”tensorflow”を作り、
その仮想環境を”~/PycharmProjects/tensorflow”に設定します。

 

3. TensorFlowのインストール

pipを使って簡単インストール。

 

4. TensorFlowでHelloなんちゃら

pythonを対話モードで起動し、TensorFlowでHelloなんちゃらを表示させてみます。

何だか分からない警告が3件ほど発生してます。将来、pipで何ら問題なくインストールできることを期待しつつ、この警告を放っときます。実害無いので。
とりあえず、TensorFlowのインストール&動作確認終了。

2 Comments

  1. Pingback: TensorFlow始めました。 – Blue-black.ink

  2. Pingback: TensorFlowをソースからインストールしてみる(Mac) – Blue-black.ink

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。