SDカードへのアクセスを減らして寿命を延ばそう Part 2

ミニストップにて購入

“/var/log/”にログファイルがどんどん貯まります。ログ用ディレクトリや一時ファイル用ディレクトリをRAMディスクにして,SDカードにかかる負担を減らします。

 

RAMディスクを作る

次のコマンドで,fstabを編集します。

 

ファイルに次の3行を追記します。

 

再起動します。

 

/tmp, /var/tmp, /var/log がRAMディスク(tmpfs)に割り当てられていることを確認します。

ログの記録を最小限に絞る

“/etc/rsyslog.conf”を編集して,ログファイルの記録を最小限に絞ります。

次のとおり編集します。

/var/logディレクトリはRAMディスクなので,電源を切ったり再起動したりすると,ファイルが消えてしまいます。このディレクトリにログを残すデーモン等で,ファイルが消えてしまうとエラーとなるものがあります。そこで,起動時に/var/logに必要なディレクトリやファイルを作成するスクリプトを実行します。

そのスクリプトと設置方法は,このWEBサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

スクリプトファイルは次のとおりです。これを,”/etc/init.d/make-varlog”という名前で作成します。

 

次に,スクリプト起動します。

 

起動したことを確認します。2, 3, 4, 5がonになりました。

 

再起動して,/var/logディレクトリを確認します。ConsoleKit等がちゃんと作成されました。

 

ミニストップにて購入

ミニストップにて購入

1 Comment

  1. Pingback: Raspberry PiのSDカードが壊れた!寿命を延ばす方法 5+1選! | IoT PLUS

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。