Pythonの開発環境を整える(ただしMacで)

昨日食べました。

Pythonの勉強のために本を買ったのはいいものの、Raspberry Pi上で学習するのは面倒くさい。
そこで、まずはMac上に環境を整え、練習することにしました。

UNIX由来のOS Xには、Perl、Ruby、Pythonなどのコマンドラインツールが、「/usr/bin」ディレクトリに入っています。
が、管理がOS任せなため、古かったりOSアップデートでいつの間にかバージョンが上がったり、こっち側でコントロールできません。そこで、Mac上でコマンドのパッケージ管理を行うことが出来るMacPortsを導入して、Pythonをインストールします。

Xcodeのインストール

AppStoreからXcodeをダウンロードしてインストールします。無料です。

Command Line Developer Toolsのインストール

ターミナルで次のコマンドを入力します。ダイアログウィンドウが開きますので、指示に従いましょう。

MacPortsのインストール

MacPortsダウンロードページにOSのバージョン毎のインストーラがあります。ダウンロードしてインストールしましょう。

MacPortsのアップデート

まずは、パッケージ管理コマンド「port」がどこにあるか調べてみましょう。

「/opt」ディレクトリが新たに作られて、その配下にMacPortsによるコマンドがインストールされます。
既に「/opt/local/bin」へのパスが通っています。しかも「/usr/bin」よりも優先順位が高いです。
よって、MacPortsでインストールしたコマンドは、OS Xに元々入っているコマンドに取って代わって使えるようになります。
「/opt」はOSによって上書きされる心配が無く、要らなくなったらディレクトリを丸ごと捨てればOK。(本当は、もうちょっと捨てるファイルが色々あります。)

MacPorts自体のアップデートは次のコマンドです。
コマンドを実行することにより、パッケージ群のリストが最新版に更新されます。

Pythonのインストール

Pythonをインストールする前に、どんなパッケージが用意されているか調べてみましょう。
Python2系(2.4〜2.7)、Python3系(3.1〜3.5α)がありました。

Pythonには2系と3系があって、どれを入れようか悩みましたが新しもの好きなので、安定版最新の3.4を入れることにしました。
ちなみに、2と3は非互換です。なので、違う環境でスクリプトを実行すると動かなかったりするみたい。

MacPort によるパッケージのインストールは、「port install <パッケージ名>」です。
Python 3.4のインストールは次のコマンドです。依存関係にある他のパッケージも一発でインストールしてくれるので簡単です。

早速使ってみましょう。

あれ? Python 2.7.6です。これは、OS Xに附属の「/usr/bin/python」。
一旦「quit()」コマンドでpythonを終了します。

MacPortsでインストールしたのは、こっちのpython

一旦、「quit()」で、python3.4を終了します。

MacPortsがインストールしたのは「/opt/local/bin/python3.4」。「/opt/local/bin/python」は存在しません。そのため「python」コマンドは「/usr/bin/python」を実行してしまいました。

でも、コマンド「python」で「/opt/local/bin/python3.4」を実行したいですよね。こんな時にはシンボリックリンクを張るのが常套手段です。
MacPortsは、そのためのコマンドを用意してくれています。次のコマンドで「python」に「python3.4」を割り当てましょう。

確かにシンボリックリングが張られていました。

さあ、「python」を起動してみましょう。
「python」で「/opt/local/bin/python3.4」が起動しました。

昨日食べました。

昨日食べました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください