独自ドメインをDDNSで運用する1(ドメイン取得編)

この前は、自作Pythonスクリプトを使って無料DDNSプロバイダMyDNS.JPに自宅のIPアドレスを登録することに成功しました。これで、MyDNS.JP提供のドメインネーム(+自分で設定したサブドメイン)で自宅サーバにアクセスできるようになりました。

MyDNS.JPは、独自ドメインをDDNSレコードに登録することができます。どうせなら、独自ドメインで自宅サーバにアクセスしたいと思い、チャレンジしてみました。

1.1. レジストラの選択

当サイトは、ドメイン「blue-black.ink」を使ってロリポップレンタルサーバで運営しています。

blue-black.inkでDDNSの実験をした結果、サイトが行方不明になったりしたら涙目ですので、追加のドメインを取得することにしました。

さて、お名前.comとかムームードメインなどのレジストラでドメインネームを取得するわけですが、blue-black.inkはムームードメインで取得したことですし、馴染みのムームーでもう1個ドメインを取ることにしました。

 

1.2. お気に入りのドメインを見つける

ムームードメインのトップから、「キーワードを入力」でドメインから探すのも良し、「新ドメイン」>「もっと詳しく」ボタンから新ドメインを選ぶも良し。私は、まだ空きがたくさんありそうな新ドメインから探すことにしました。「もっと詳しく」ボタンを押します。

スクリーンショット 2015-05-26 22.31.08

 

検索窓に好きな名前を入れます。「すべて選択/解除」にチェックを入れて全ドメインを検索対象にします。続けて「虫眼鏡」をクリックして、一括検索にかけます。私は「80k」を検索しました。

スクリーンショット 2015-05-27 19.54.10

緑色の「取得」ボタンが付いているドメインが空きドメインです。「.xyz」が空いていました。覚えやすいし値段も安いし「80k.xyz」を取得することにしました。

スクリーンショット 2015-05-27 19.57.04

 

1.3. ドメイン取得手続き

緑の「取得」ボタンを押すとログイン画面が現れます。ムームーIDを持っていればそのままログイン、持っていなければ新規登録します。

 

スクリーンショット 2015-05-27 19.57.43

次は各種設定画面です。

  • WHOIS公開情報: 任意です。個人情報を晒したくなければ「代理公開」に設定します。
  • ネームサーバ(DNS): とりあえず「今はまだ使用しない」を選択します。
  • ムームーメール: 独自ドメインをムームーで取得・管理するのであれば、独自ドメインで使うメールサービスをお手頃価格で利用できます。今回はムームーで取得したドメインをMyDNS.JPで管理するためサービスを利用できません。よって契約しません。
  • お支払い: お好みの期間と支払い方法を選びます。私はカード払い。172円/初年度とは破格。
  • 自動更新設定: ずーっとドメインを使い続けるのなら、更新忘れで失効しないようにチェックを入れましょう。なお、後でいつでも変更できます。

設定が済んだら「次のステップへ」ボタンを押します。

スクリーンショット 2015-05-27 19.59.04

 

次の画面の「ポテトもいかがですかぁ」的なオプションはスルーします。

スクリーンショット 2015-05-26 23.24.02

 

確認画面にて、「同意します」にチェックを入れて「お支払いへ」ボタンを押します。

スクリーンショット 2015-05-27 20.00.39

 

 

カード番号等を入力したら、「取得する」ボタンを押します。

スクリーンショット 2015-05-27 20.00.55

 

取得できました!!!

スクリーンショット 2015-05-27 20.01.46

 

1.4. 次のステップ

今回は、独自ドメインの取得まで。次回は、ムームードメイン及びMyDNS.JPの設定方法について書きます。

(続く…)

 

東京都港区 2015-5

東京都港区 2015-5

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください