Mac: ホームディレクトリを外付けストレージに移動する方法

音楽、写真、動画をため込みすぎてMacの内蔵ストレージがパンパン!ってとき、ホームディレクトを外付けストレージに丸ごと移動する方法です。

基本的にこちらを参考にセットアップしました(ありがとうございます)。さらに、外付けストレージの暗号化やTime Machineによるバックアップを検証してみました。

1 外付けストレージを準備する

ディスクユーティリティを起動します。
ここでは、Mac OS拡張(ジャーナリング)ですでにフォーマット済みの「名称未設定」を、再フォーマットしてみました。

「名称未設定」を選択して「消去」ボタンをクリックします。

Appleの新フォーマットAPFSを選択してみました。なお、セキュリティのために暗号化を施します。
名前は「HDD2T」にしました。
最後に「消去」ボタンをクリックします。

APFS(暗号化)フォーマットの「HDD2T」ができあがりました。

2 ホームディレクトリを外付けストレージにコピー

移動対象のユーザアカウント(ここではtest2)でログインします。
このユーザは、sudoコマンドを使うため管理者である必要があります。

ここからはターミナルで作業です。
まず、移動先である外付けストレージに、ホームディレクトリのコピー先を作成します。

 

ホームディレクトリを丸ごとコピーします。

 

3 ホームディレクトリの絶対パスを変更

ユーザtest2の場合、ホームディレクトリの絶対パスは通常「/Users/test2/」です。これを外付けストレージの「/Volumes/HDD2T/Users/test2/」に変更する手順です。

「システム環境設定」から「ユーザとグループ」を選びます。
(1)管理者パスワードで鍵を開け、(2)test2をマウス右クリック(あるいはトラックパッドを2本指タップ)して「詳細オプション…」を選択します。

 

「ホームディレクトリ」に外付けストレージのパス「/Volumes/HDD2T/Users/test2」を設定します。

 

設定を終えると再起動を求められます。そのとおりに再起動してtest2にログインしようとしても失敗します。なぜなら、test2のホームディレクトリが存在する外付けストレージHDD2Tが暗号化されており、まだマウントされてないからです。

それじゃあどうすればいいかというと…

内蔵ストレージにホームディレクトリがある別のユーザーでログイン

ログイン過程でHDD2Tのパスワードを求められる。パスワードを入力して暗号解除&マウント

test2でログイン

という手順を踏む必要があります。

外付けストレージにパスワードを設定したので一手間かかります。起動後に外付けストレージをマウントするユーザを必ず用意しましょう。
これ凄く大事です。

再起動後、ターミナルでホームのパス「~」を確認してみました。
外付けストレージに移動しているのが分かります。

 

4 ホームの絶対パス変更による不具合対策

ホームの絶対バスが「/Users/ユーザ名」で決め打ちなソフトが存在します。そんなソフトで不具合が発生しないように、UNIXやLinux系OSの定番、シンボリックリンクで対策します。

最初に、念のため内蔵ストレージにある元データをバックアップします。

 

シンボリックリンクを張ります。これで、/Users/test2であっても/Volumes/HDD2T/Users/test2であっても、外付けストレージへのアクセスになります。

 

どっちのパスであっても外付けストレージアクセスになりましたので、ホームの絶対パスを「/Volumes/Users/test2」からデフォルトの「/Users/test2」に戻しても問題ないはずです。そこで、先ほどと同様の方法で元通りに変更しました。

 

再起動後、「/Users/test2」と「/Volumes/HDD2T/Users/test2」へのアクセスが外付けストレージかどうかを確認してみます。
別々の絶対パス経由で作成したファイルaaaとbbbが外付けストレージに出来ています。「~」が「/Users/test2」のまま。理想的です。

 

4 元データを削除

ホームディレクトリが無事に外付けストレージへ移行できたので、オリジナルを削除して内蔵ストレージの容量を削減します。

 

5 Time Machineの検証

外付けストレージは、Time Machineによるバックアップ対象から除外されますので、Time Machineの設定を変更してHDD2Tをバックアップ対象にしましょう。

「システム環境設定」>「Time Machine」>「オプション」ボタンを選択。
「HDD2T」を選択して「-」ボタンをクリック、さらに「保存」をクリックします。
これで、HDD2Tがバックアップ対象になります。

しばらく、Time Machineによるバックアップを検証してみましたがバッチリ。

 

以上です。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください