Mac mini 2012から2018へアップグレードする。その3

その1その2の続きです。

mini 2018に接続する ディスプレイを選定するために情報を集めていたら、色空間ってのがあることを知りました。

旧来のsRPGよりも、Adobe RPGやP3の方が色空間が広く、表現できる色が多いんだって。

AppleはP3押しです。iPhoneカメラで撮影した写真の色空間はP3対応だし、WebブラウザSarari(のエンジンWebKit)も対応してます。

sRPGとかP3とかAdobe RGBとか、カラープロファイルによる見え方の違いはこちらで確認できます。

Below are example images to demonstrate wide-gamut. There are multiple versions of each image: one in sRGB, then some in other color spaces with a wider gamut, and then a version where the pixels outside sRGB have been highlighted.

Comparison between normal and wide-gamut images

Webkit LogoはThunderbolt Displayではまったく見えずにのっぺらぼうです。だがiPhone Xs、iPad Pro、Macbook Proではちゃんと見えます。
その他の画像も、特に赤系の色空間の広さが際立ちます。

こんなの見たら色空間が広いモニタが欲しくなるに決まっている。
どうせなら4k…。

それで買ったのがこれ。12月のPayPay祭りの時にビックカメラで買ったもの。Mac mini 2018とこいつで合計25万円超え。PayPayポイント20%還元の上限5万円を達成。散財にもほどがある。

 

今まで使っていたThunderbolt Displayがゴミに思えるほどの高画質に驚愕です。

4K

3840 x 1160。やったね。通常の使用状況ではRatinaディスプレイ張りの詳細さに感じます。顔を画面に近づけてようやくドットが見えるレベル。

Thunderbolt Display、iPhone、iPadなど、身の回りのディスプレイは全てグレアタイプでした。一方、本品はノングレア。はじめは違和感がありましたが、映り込みが軽減されて、こっちの方が見やすいですね。

HDR(ハイダイナミックレンジ)

はじめて知りました。ダイナミックレンジを広げる技術HDR10に対応していますが、Mac側が非対応みたい。PS4のHDR対応ゲームなどで恩恵を受けられるかも。

Adobe RGB 99%カバー

Apple押しのP3ではなく、Adobe RGBをカバーしています。

本製品は、全個体がキャリブレーションされた後に出荷されます。そしてキャリブレーションレポートが付属しています。さすが、カラー写真家向けを謳っているだけのことはある。

Type-CケーブルでMac miniと接続し、「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「カラー」→「ディスプレイプロファイル」→「BenQ SW271」を設定するだけで、造作なくカラーマネージメントが終了です。時間が経って出荷時の調整からずれが生じたとしても、調整用のハードウェアを用意すれば再キャリブレーション出来ます。

iPhone Xsのカメラで撮影した写真をiPhone画面で表示したときの色合いと、その写真をMacに取り込んでディスプレイに表示したときの色合いが、ほとんど一緒に見えました。カラーマネージメントって大事ですね。プリンタのカラープロファイルもちゃんと調整すれば、撮影画像の編集と出力を、見た目どおりの色でこなすことができるでしょう。

その他

その他、モニタフードが付属していたり便利機能がてんこ盛りですので、公式やその他のレビュー記事を読むことをお勧めします。
なお、ディスプレイの購入でお悩みの方は背中を押されること間違い無しですのでご注意ください。

買うときには値段が高くて躊躇したのに、今では良い買い物をしたと思っています。
(決して散財などではないぞ)

 

ダメなところ

良いことばかり書きましたが、最後にダメな点も書いておきます。

画質は上質ですが、音が全然です。

そもそもスピーカーが無いので音声出力はイヤホンジャックのみですが、音質が悪いです。帯域が狭くてスカスカな感じ。ディスプレイに音質を求めるのもどうかと思いますが気になりました。

PS4、Switch、Mac miniをこのディスプレイに集約し、音声をイヤフォンジャック経由で外部スピーカーに繋ごうと思っていたのに。この音質は残念。

というわけで、音源を切り替える何かが必要ですね。また散財投資が必要になりそうです。

 

以上です。

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください