Macのターミナルを格好良くカスタマイズ。

ラズパイにリモートログインしたり、お仕事そして日曜プログラムでgitを操ったり、何かとMacでターミナルを使うことが多い私ですが、見た目(特に色使い)を改善し、かっこよさと視認性を改善することにしました。

ターミナルのプロファイル

ターミナルで、「環境設定」→「プロファイル」を開くと、プロファイルをいろいろ選ぶことが出来て見た目のカスタマイズが出来ます。だが、どれもいまいちかっこ悪い。

 

仕方なしに常用していたのが、Novel。見た目はこんな感じ。
黄色っぽいスクリーンに茶一色の文字。ダサいにもほどがある。他のプロファイルを選んでも、色違いってだけで変わり映え無し。

まずはlsコマンドに色づけしてみる

ターミナルで使用するコマンドNo.1はlsではないでしょうか。lsに色づけするのは実は簡単で、-Gオプションを付加すれば、種類別(ファイル、実行可能ファイル、ディレクトリなど)に色分けされます。
こんな感じに、ディレクトリの色が青くなりました。

-Gをいちいち入力するのは面倒くさいので、bashのエイリアス機能を使って自動的に-Gオプションを適用させたいと思います。

Macのbashの場合、bashの設定を定義するファイルが「~/.bash_profile」です。もしそのファイルが存在しなかったらnano等のエディタで作成しましょう。

内容は次のとおりです。エイリアスを直接記述するのではなく、別ファイルから読み込む設定。

 

エイリアスを記述する「.bash_aliases」をnano等のエディタで編集します。

内容は次のとおりです。
種別色づけするーGオプションと、ついでに-Fオプションも適用させたいと思います。-Fはディレクトリ名の後ろに「/」が付加され、よりディレクトリっぽさを演出します。

詳細表示オプション-lを付加した「ll」をエイリアスに加えてみました。

さらに、隠しファイルを表示しつつ自ディレクトリ「.」と親ディレクトリ「..」を非表示にするオプション-Aを付加した「la」をエイリアスに加えてみました。

 

書き換えた.bash_profileを読み込みんだ後に、エイリアスとして定義した「la」を実行しました。
色分け&「/」が付いています。そして、「.」と「..」は表示から除外されました。オプション入力の面倒くささからの解放。

格好いいプロファイルを導入する

Macターミナルで格好良いプロファイルといえば「Solarized」らしいです。

イケてるターミナル(Terminal)設定編 :

実はプロファイルは追加できます。有名なのは、”Solarized”と呼ばれるもので、私は”Solarized Dark”を使っています。

Solarizedは「git clone」でゲットできます。gitって何???って人は、こちら(github)からダウンロードしてもOK。

適当なディレクトリ「~/tmp」を作成し、そこにSolarizedプロファイルをダウンロードします。
「Solarized Dark.terminal」と「Solarized Light.terminal」の2種類のプロファイルをゲットできました。

 

「ターミナル」→「環境設定」→「プロファイル」で表示された設定画面に、2つのファイルをドラッグ&ドロップすると、ターミナルにプロファイルに追加されます。

 

Solarized Darkを選択して「デフォルト」をクリック。ついでにフォントをMonako 11ptからMenlo Regular 12ptにプチカスタマイズ。

 

 

以降、ターミナルを開くとこのようなイメージになります。格好いい。

git使い向けカスタマイズ

Windowsでgitをインストールするとgitbashというbashが走るターミナルが使えるようになります。DOS窓やPowerShellを使うことがなくなり、こればっかり使っています。
gitbashは、コマンドプロンプトの所にgitのブランチ名が表示されて便利です。これもMacのターミナルへの導入したいと思います。

参考にしたのはこちらです。

ターミナルをgitbash風に変更してみた :

windowsのgitbash風にする人は少数派だと思いますが、仕事ではWindowsマシンとgitbashをよく使う(windows標準のコマンドプロンプトはよく知らない)のでどうせならmacのターミナルも使い慣れているgitbashの見た目にしちゃえという結論になりました。

やーしゅんのBLOG より

 

ターミナルで次のコマンドを実施します。

 

新規ウィンドウ開いたらこんな感じ。さきほどgit cloneでダウンロードしたSolarizedがあるディレクトリです。

アカウント、ホスト、パス、ブランチ(master)のところがキレイに色づけされています。目立つので、入力したコマンドの履歴が視認しやすくて良いです。
カーソルの位置が、改行されて行頭にあるのも素敵です。

見た目をカッコ良くするだけではなく、思いのほか使い勝手も良くなりました。
以上、カスタマイズ終了です。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください