PHPBrewでPHPをインストール

Macでサーバを再構築したときにHomebrewでインストールしたPHPがとにかく調子悪い。

WordPressのあちこちでトラブルが生じる。管理画面の操作がやらた時間がかかる上にエラーを吐く。プラグインの新規インストールやアップデートが出来ないなどなど。どうやらcURLがうまく動作していないらしい。

というわけで、PHPBrewを使ってPHPをインストールしなおしました。

1. PHPBrewとは

phpbrewは異なるバージョンのPHPを$HOMEディレクトリにビルドしてインストールすることができます。

phpbrewは環境変数の管理もします。なので、望む時にいつでもPHPのバージョンを切り替えたり、一時的にバージョンを変更して使ったりすることが可能になっています。

phpbrewがあなたのためにやってくれること:

  • configureスクリプトのオプションはバリアント(variant)へとシンプル化されているので、パスに悩まされることはもうありません!
  • PDO、mysql、sqlite、debugなど様々なバリアント(variant)を持つPHPをビルドしてくれます。
  • apacheのPHPモジュールをコンパイルし、異なるバージョンごとに分けて管理してくれます。
  • PHPをビルドしてホームディレクトリにインストールするので、root権限が必要ありません。
  • bash/zshといったシェルに統合されていて、バージョン間の切り替えがとても簡単です。
  • 自動的に機能を検知します。
  • PHP拡張モジュールを現在の環境にインストールして有効化することが簡単にできます。
  • システムワイドな環境に複数のPHPをインストールすることができます。
  • HomeBrewとMacPorts向けにパスの検知が最適化されています。

PHPBrew公式より

 

2. 下準備

PHPBrewを導入するための下準備です。Requirementにしたがって進めます。

 

3. PHPBrewのインストール

初期化

.bash_profileに次の内容を追記

設定を読み込む

普段homebrewを使ってパッケージ管理しているので、予めprefixを指定しておく。

 

4. PHPのインストール

インストール可能なPHPのバージョンを確認

現時点最新のPHP7.3.5をインストールする。
+defaultを基本に、homebrewでインストールしたPHPと同じような構成になるようにバリアントを追加した。
エラーが出たら対策、またエラーが出たらまた対策….を繰り返して、最終的に次のコマンドでビルドに成功した。

拡張モジュールgdを追加インストールする。

PHP7.3.5をデフォルトで使用する為のコマンド。

拡張モジュールOPcacheが有効になっていなかったので、改めてインストールした。

 

PHPの在処とバージョンを確認。 PHPは~/.phpbrew/…..にあります。
バージョンはインストールした7.3.5です。

Apacheの設定ファイルhttpd.confにPHP関連の設定を追記する。

Apacheを再起動したら完了!

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください