第6回: パッケージ管理システムapt

RaspbianなどのDebian系Linuxのパッケージ管理システムaptで、パッケージのアップグレードや今後使っていくパッケージを新規インストールします。

1. ヘルプを確認

「最も使用されているコマンド」あたりを覚えておきましょう。

 

2. パッケージ一覧の更新

 

3. パッケージのアップグレード

インストール済のパッケージを最新にします。

 

4. パッケージのインストール

とりあえず、次のパッケージをインストールしておきます。

  • git: ソフトウェア開発する人御用達のバージョン管理ツール
  • supervisor: 自作ソフトウェアをデーモン化するのに便利
  • chkconfig: 起動時に自動起動させるサービスを簡単コントロール


目次

第1回: セットアップに必要なもの
第2回: SDカードにRaspbianをインストールする
第3回: 起動!
第4回: リモートログインするための設定
第5回: リモートログインして設定を続行する
第6回: パッケージ管理システムapt
第7回: RSA公開鍵認証でリモートログインする
第8回: Pythonの仮想環境を整える
第9回: MJPG-streamerを導入する
第10回: GPIOを汎用UARTとして使用する方法
第11回: GPIOでLチカ
第12回: I2CデバイスBME280で温湿度と気圧をモニタする

第13回: (未定)


2019/06/16: 初版

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください